コラム

探偵社にメールでの無料相談はこんな感じ!

こんにちは。サイト管理人シアンです。

今回は、探偵社への無料相談の中でも、メールを用いた無料相談についてご説明します。

メールだと文章を打たないといけませんが、探偵の方と直接会話はしなくてもいいので、「まだちょっと怖い」と感じてる方にとっては、とても有効な相談方法ですよね。

ですが、中には「メールで相談」と書いているのにもかかわらず、結局は電話で会話しないといけないところもあります。

あなたはメールのほうがいいですか?
それともメールでも電話でもどちらでも構わないでしょうか?

これから探偵社へメールで無料相談しようかとお考えの方は、ぜひ一度この記事を読んでイメージを膨らませておいて下さい。

 

メールでの相談の流れ

大まかに以下の2パターンに分かれます。

  1. メール送信後に探偵社から電話がかかってくるパターン
  2. メール送信後、電話がかかってきたが無視しているとメールが来るパターン

では、それぞれ詳しく解説しますね。

まずは探偵社から電話がかかってくる

上記の①でも②でも、まず最初に電話がかかってきます。

メール送信後、早いと20~30分以内に探偵事務所からかかってきます。
遅くても2~3日中にはお返事があります。

私が実際にメールで相談した際には、メール送信後20分程で電話がかかってきました。

①電話に出る

かかってきた電話に出ると、

男性オペレーター
○○探偵社の●●と申します。シアンさんでよろしいでしょうか?

と、数十分前にメールに記載した内容の確認をしてくれます。

そして、メールに記載した内容についての返答を直接いただくことが出来ます。

メールで教えてもらうより、より細かなところまで聞くことが出来るので、私個人としては、メールより電話のほうが相談しやすいかなと感じています。

ちょっと身構えたけど・・・

実は、初めてメールで相談して電話がかかってきた際に、少し身構えてしまいました。

『この電話に出て本当に大丈夫…?』って思ってしまったんですよね。まだちょっと「探偵って怖い感じがする」と感じていたので。

ですが、探偵社の方はただ質問に答えるだけで、「浮気調査早くした方がいいですよ~」とか「早く面談しましょう」とか、こっちを急かせてくることはありませんでした。

メールに記載した質問内容に淡々と答えるだけだったので、ちょっと拍子抜けでした(笑)

なので、相談するのに少し躊躇しているんでしたら、そんな心配はいりませんよ^^

②電話を無視していたらメールが・・・

2つめのパターンとして、かかってきた電話を無視していたらメールが届いたんですよね。

その探偵社から送られてきた内容を要約すると、

「お時間のある時にお電話下さい。質問の返答をさせて頂きます。」

「電話が嫌な方でしたらメールでの返答もOKなので、お気軽にお申し出下さい。」

こんな感じでした。

ただ一つ注意して頂きたいのが、この「メールでの返答もOK」というのは探偵社によって対応が異なります。

ある探偵社は電話でしか返答してくれなかったり、またある探偵社はメールでの返答もOKだったり、探偵社によって若干の違いがあります。

もし、あなたが完全に会話するのが嫌だった場合、後者のメールでの返答もOKの探偵社の方がいいのかも知れませんね。

ですが、本当に浮気調査を検討しているとすれば、探偵社を探している際に、色々と疑問が出てくると思います。

  • 自分の場合、調査費用はどれぐらいかかりそうなのか?
  • 調査が失敗することってあるのか?
  • 失敗したらどうなるのか?
  • 調査が終わった後、どういった行動を取ればいいのか? etc...

このように、調査に対する不安や疑問だけじゃなく、調査終了後ののことも色々と気になることは後を尽きませんよね。

そうなると、結局は探偵社に直接話を聞くしかないんです。

込み入った大事な内容に関しては、メールで聞くより、電話や面談で直接声で会話して聞くのが一番です。

日本語って難しいですからね。 日常でも文章では伝えきれない内容って多々ありますよね

ですので、本当に浮気調査を検討しているのであれば、メールで質問するよりは、電話で直接聞いたほうが絶対いいですよ。すぐに理解出来る上に、時間も大幅に短縮されますからね。

ただ、ちょっとした軽い質問の場合は、電話じゃなくてメールの方が気軽でいいかも知れませんね。

 

メールで相談する場合に記載すべき内容

では、実際にメールで相談する際に、メールに記載すべき内容について触れたいと思います。

まずは以下の内容をご覧ください。

メールに記載すべき内容

  • 浮気調査を検討している 必須
  • ターゲットは夫(妻) 必須
  • 日頃の怪しい行動について
    例)残業で遅くなると言っている日は必ず良い匂いをして帰ってくる。
    例)視線を合わせてくれなくなった。
    例)スマホや携帯を肌身離さず持つようになった。etc...
  • あなたが探偵社に聞きたいこと、詳しく知りたいこと
    例)大まかな見積額について。
    例)調査員の数や調査時間はどれぐらになりそうか。
    例)HPに記載されてる調査時間についてもっと詳しく教えてほしい。etc...
  • その他
    例)面談の予約がしたい。
    例)慰謝料請求を考えている。
    例)離婚(再構築)を考えている。etc...

調査内容とターゲットの記載は必須項目

「浮気調査」「ターゲット」は絶対に最低限記載して下さいね。

探偵社は浮気調査だけが仕事ではありません。
あなたの目的をしっかり伝えないと、質問内容によっては浮気調査なのか行方調査なのか、探偵社にきちんと伝わりません。

浮気調査と行方調査とでは、調査方法が全然違いますからね。
調査方法が違うと調査費用にも影響するんです。

そして、ターゲットが誰なのかなのもきちんと伝えましょう。

旦那さんからの依頼なのか、奥様からの依頼なのか、はっきり伝えましょう。

旦那さんがターゲットの場合、多くの場合は仕事の後に尾行しますし、奥様がターゲットの場合は昼間に尾行することになりますよね。

このようにターゲットが違うだけで調査時間も異なってきますので、ターゲットが誰なのかもきちんと伝えておきましょう。

聞きたいことなど、自由にメールを打ちましょう!

上記の必須項目より下の内容については、あなたの好きなようにしてもらって大丈夫です。

上記のは一例にすぎませんが、あなたの聞きたいこと、知りたいこと、探偵社に伝えたいこと等、好きなように記載して下さい。

 

まとめ

メールでの無料相談は以下の2つのタイプに分類される。

  • メール送信後、探偵社より電話がかかってくる
  • メールでの返答もOK

メールで相談する際に、メールに記載すべき内容は以下の通り。

  • 浮気調査であること 必須
  • ターゲットは誰なのか 必須
  • ターゲットの怪しい行動について
  • 疑問や質問など
  • その他、伝えておきたいこと等

本気で検討中なら、メールより電話がおすすめ

もし、本気で浮気調査をしようか真剣に悩まれてるんでしたら、メールより電話で相談した方がいいですよ。

やっぱり文面では分かりにくい内容でも、直接話せばすぐに理解できますし、話している最中に疑問が生じたりしても、その場で即答してもらえます。

メールでももちろん良いんですが、電話よりは時間もかかりますし、聞きたいことが出てきても、即答とはいきません。やはりある程度の時間がかかってしまいます。

なので、電話は時間短縮にもなる上に、理解力も大幅に上がるので、一番効率的な方法は電話相談です。

ですが、中には「ちょっと気になるから聞きたいだけ」みたいに、軽い質問をしたい方もいらっしゃるでしょう。

そういう方にとってはメールの方が気軽なので、メールで問い合わせをすればいいかと思います。

実際に浮気調査を検討しているのであれば、ぜひお電話での無料相談を受けてみて下さい。

私が実際に無料相談の電話をした際、かなり親身になって相談に乗って下さいました。
レビューの記事もありますので、良かったらご覧下さい。

参考【無料相談】私が実際にやってみた

当サイトで紹介している探偵社は、どこも契約をせまってくることはありませんので、その点はご安心下さい。

探偵社をお探しの方はこちらからどうぞ↓

 

この記事があなたのお役に立ちますように。

-コラム

Copyright© 証拠集めは探偵に! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.